PVアクセスランキング にほんブログ村

Patriot's Ball Park

ただの埼玉西武ライオンズ&塾野球部ファンの独り言 

🍀GW🍀オリックス戦観戦記🦬

プロローグ(往路)

安近短に決めた今年のGW。

中でもメイン・イベントは🆚オリックス戦観戦かな。

実家発で電車を乗り継ぐ。

本川越駅から西武新宿線。

景色が変わる。

電車内で、見ず知らずのライオンズファン達のと、そこはかとなく生まれる"連帯感"がイイ。

ベビーカーでクズる赤ちゃんに、応援バットを与えてあやすカップル。

前に座るのは男の子二人連れのお母さん。

老けてるけど、多分同い年くらい?

微笑ましい風景に心和みます。

 

f:id:Patriotorca617:20210504212628j:image 

所沢駅で丁度、球場行きが来ました♬


f:id:Patriotorca617:20210504212642j:image

到着〜。

改札の向こうは春の陽光が差す

Field Of Dreams 

毎度毎度、高揚感が増します。


f:id:Patriotorca617:20210504212547j:image

Break It ❗️

今季のキャッチフレーズは不完全燃焼だけど夏場から大ブレイクしてくれる事を期待せずにはいられません。

 

フラフラとCar3219球場の方へ歩いて行くとユニフォーム配布と背番号ワッペン販売&蒸着サービスの特設会場が。 

f:id:Patriotorca617:20210505112116j:image

今日ユニフォーム配布日だとは、知らないで会場に来るんだからいい加減だよねぇ。

惰性でワッペン購入の列に並びました。

3500円って結構しますよね😅


f:id:Patriotorca617:20210505112806j:image

復刻ユニフォームなので、あの栄光の22番を

を付けたかったのですが、スパンジェンバーグ、大人気の様で、売り切れ残念😢

そしたら、やはり、老骨にムチを打ちながら頑張る生え抜きのレジェンド・中村剛也#60しか無いっすね、個人的には。

行列越しに見えるトレーニングセンターに張り出されている看板選手達の看板と映えますよ♪

 

f:id:Patriotorca617:20210505113106j:image

ご覧の通り無事、蒸着して頂けました。

プロの技?

試合開始前に終わるか、不安でしたが大丈夫🙆‍♂️

でした。


f:id:Patriotorca617:20210504212603j:image

さぁ、いよいよスタンド入りへ。


f:id:Patriotorca617:20210504212611j:image

今月は天才・森友哉。

グッズ買っちゃいました〜。

 

プレイボール前の憩いのひと時

f:id:Patriotorca617:20210504212552j:image 

選手プロデュース弁当🍱試して見ようかと思ったのですが、どうも今ひとつな感じで、サクッと食べられるジャンキーな🍔類に行ってしまいます。

前回はハニーマスタードチキンだったので今回は、プレミアムライオンズバーガー にして見ました。ハニーマスタードチキン同様、内容物は美味なんですが、バンズのパサパサ感が頂けませんね。

もう少し、しっとりしたバンズだったら合格点差し上げます❗️

 

本題に戻すと、今日の楽しみは、何と言っても新外人・ダーモディ。

f:id:Patriotorca617:20210504221734j:image

(出所: 公式HP) 

下では、まぁまぁの結果を残してくれていたので苦しい先発事情の中、しかも左腕。期待しかない❗️

 

f:id:Patriotorca617:20210504221906j:image

大スクリーンに次々映し出される、我等がライオンズのスターティングラインナップの獅子戦士達。

山賊打線の影は潜みましたが、兎に角、スピード・スター揃いだし、今年花開いた選手達の活躍もラッシュで目が離せません。

兎に角、楽しみ❗️

それにしてもこの大スクリーン設備投資は大成功ですね。

 

淡々と敗戦記録

先発投手・期待のダーモディ。

自慢の?お髭も綺麗に剃って、スクリーンに映し出された紹介写真とは公文書偽造クラス🤣の別人ぶりでビックリ。

ピッチングの方も、期待以上で更にビックリでした‼️

f:id:Patriotorca617:20210504215947j:image

(出所: スポーツニッポン)

 

相手投手の宮城には前回、手もなく捻られて、今日も正直旗色悪く、五回を三点に抑えてくれれば上出来でしょう。と思ってましたが豈はからんや、快投で付けいる隙を全く見せない宮城のピッチングにも動じる事なく、何と五回無失点で切り抜けてくれたサプライズ。

しかし、リアルに見させて貰いましたが、確かにライオンズの投手らしからぬ変化球の制球の良さにまず驚きます…。

そして、相手打者左右を問わず、本当に見っともない姿でクルクル回る「チェンジアップ」は絶品ですね❗️

長身から投げ下ろす直球は140km/h中盤から後半で本来の球速からは一段ローギア⚙の様ですが、まぁ、寒かったし、これから夏場にかけて球速もアップして来そうです。それに伴なってこのチェンジアップも益々冴えてくれるのを期待。

このスタイルは、ソフトバンクにも楽天にも「効く」と見ました😃

今日の収穫の一つです。

 

そして、今日の敗因。

ダーモディの好投に砂を掛ける、宮川の背信ぶり。。。

連続ヒットの後、パカーンと一発。

高校生投手じゃないんだからさぁ…。

f:id:Patriotorca617:20210505114638j:image

【辻監督談話】
 なんかねー、自信がないのかな~、もう一つ。アイツらしくないよね~。普段はもう少しきっぷのいいやつなんだけど。勢いっていうのをもうちょっと感じないのでね。一度、あの回を抑えてくれればと思ったんだけど。まあこれも試練だから。あいつに対してもこういうところで、抑えてこそ次のステージがあるわけだから。それを乗り越えていかなきゃね。

(出所: 毎日新聞)

いやいや、今日は宮川が全てでしょ。

前回の増田炎上の後のスクランブル当番は同情するが、今日のは準備万端。パ・リーグの猛者達相手には明らかに力不足。

 

⤵️スピード無し

⤵️コントロール無し

そして

⤵️覇気無し

 

そして不貞腐れてるワケじゃないのだろうけど、打たれて悔しさや、申し訳なさというのも表情から全く伝わってこない。

ちょっと下で苦労した方がいいんじゃね?

ってこの子には、そう思ってしまう。

 

◆運命の一打

f:id:Patriotorca617:20210505121915j:image

(出所: パリーグTV)

そして今年のライオンズの不運を象徴するかの様な、ゲームの分水嶺となったのが、この呉念庭の幻の満塁走者一掃、逆転の一打。

三塁側から見たら、入ってたように見えましたけどねぇ。。。

こういう時ほど、審判が憎らしく思える事はない。

左打者の逆方向打球、切れていくのは仕方ないにせよ、それにしても紙一重。

勝負って、こんなギリギリの所でどう転ぶか分からない怖さをしみじみ再認識。

宮城相手に「打ち直し」は厳しく、敢えなく三振に終わりましたが、魅せてくれました。

呉&愛斗の打席は毎打席楽しみです。

 

f:id:Patriotorca617:20210504215131j:image

(出所: 西スポ)

そして一点差だと、今日登録の森脇が早速登板してしまう展開。

 

下のピッチング見てたけど、変化球のコントロールはまだ全然甘いし、球威、伝家の宝刀・フォークのキレもない。

本人もマウンド捌きに全く自信なさそうだったし、正直、

どうしてもう上げちゃうの?

って感じだったので、ここでの起用は不安しかない。

案の定、火に油を注いでしまいました…。

苦しい台所事情は分かるのだけど、本調子でない怪我上がりの投手を騙し騙し使うのは、ファンとして悲しい。

しかし昨年あれだけ活躍した選手だしスター性もある。上でアジャストしながら調子を上げていって欲しい。

ライオンズのパ・リーグ制覇と日本一奪還には、無くてはならないピースなので…。

 

因みに、嫌な事は忘れる主義なんで記憶から消えてましたが、

三年もこんな、そっくり事例があったんですね。

西武 逆転負けで自力V消滅 「ブルペンデー」六回に暗転 /野球/デイリースポーツ online

宮川、森脇仲良く3ラン被弾。

今日の森脇のは、食らわなくてもよいランニングホームランでしたけどね。結果は、まぁ、同じか。

 

エピローグ(失意の帰路)
f:id:Patriotorca617:20210504212557j:image

いつも試合が終わった後の楽しみにしてる

ピンバッジ開け。

「宮川だったら怒る💢でーっ」て感じですが、#46鈴木将平 くんでしたわ。

 

秋山翔吾が激賞したというその才能はいつ開花してくれるのでしょうか。

今季の愛斗と呉念庭の突然のブレイクがありましたし、秋山程の一流選手が才能を見まごう事はないでしょうから、キッカケとタイミングなのかも知れません。

辛抱強く待つだけですね。

 

おっと、宮川君、貴方はドラフト1位なんだから自覚を持って精進して下さいね〜❗️

期待の裏返しだから。

文句言われてるウチが花だよ。。。

 

これだから野球は面白い

ライオンズが勝った時はもっと面白い

 

#ダーモディ

#宮川哲

#森脇亮介

#呉念庭