PVアクセスランキング にほんブログ村

Patriot's Ball Park

ただの埼玉西武ライオンズ&塾野球部ファンの独り言 

感動の父の日企画

父の日に放った埼玉西武ライオンズのサプライズ企画。

f:id:Patriotorca617:20210624052649p:image

ライオンズの発案としては秀逸過ぎて、感動し過ぎて書き留めておかずにはいられない想いでしたが、余韻ありすぎて中々、筆を取れませんでした…。

「貰い泣き」してしまったのは辻監督の男泣き以来です。

 

【How much I love you】ギャレット投手、ニール投手、ダーモディ投手、スパンジェンバーグ選手、メヒア選手へ - YouTube

元々、通訳さんの発案だったと聞きましたが、こういう素晴らしい現場のアイデアを、アイデアのままで終わらせず、確りと汲み上げて形にする。

風通しの良い素晴らしい組織に生まれ変わっている事が伺われます。

サーベラス支配下時代(冬の時代)には思いもよらないでしょう。

大型設備投資のひとつ、超大型バックスクリーン投資が、これ程光彩を放っていると思えるひとときはない。

 

通訳さんGJ❣️

 

f:id:Patriotorca617:20210624051702p:image
「ライオンズでは毎年多くの外国人選手が活躍していますが、みんな期待、そしてさまざまな不安を抱えて来日します。言葉はもちろんですが、文化や食事など、さまざまな面でのサポートが必要になります。通訳は、外国人選手たちが持っている力を充分に発揮するために、彼らの良き友人、そして家族である必要があります。 今年はザック・ニールが好成績を残し、リーグ優勝の立役者の1人になってくれましたが、そんな選手の活躍を間近で見ることは、通訳という仕事のこの上ないやりがいです。 ぜひ、ライオンズのV3を目指して一緒に戦っていきましょう!」

(埼玉西武ライオンズ公式: 2020年シーズン通訳募集)

f:id:Patriotorca617:20210624061528j:image

f:id:Patriotorca617:20210624061534j:image

 

球団からの心温まるメッセージに、各外国人選手達の反応も、人の絆を感じさせる感動的なものでした。↓

リード・ギャレット

f:id:Patriotorca617:20210623125128j:image

 

マット・ダーモディ
f:id:Patriotorca617:20210623125138j:image

先発から中継ぎへ配置転換視野?で二軍調整中のダーモディ。

性格の良さが滲み出てるし、確り下で日本野球にアジャスト出来れば、優勝に向けた必要不可欠なピースになってくれると信じてます。

 

ザック・ニール
f:id:Patriotorca617:20210623125125j:image

そしてこの日の先発、ニール。

鬼気迫る好投にちょっと驚いたのですが、試合前にこんな出来事があって奮い立っていたんですね!

納得です。

f:id:Patriotorca617:20210624053612j:image

(出所: 西日本スポーツ)

当に仁王立ち👹

家族の愛に触れ、この臆面もない男泣き。

クレバーでクールな印象が先立つニールですが、内に秘めた闘志と人間臭さを知れ、益々、好きになりました!

 

早く家族と合流出来るといいですね❣️

 

コーリー・スパンジェンバーグ
f:id:Patriotorca617:20210623125121j:image

新戦力の台頭で何とか持ち堪えてますが、決定力が決定的に不足しているライオンズ打線。この男のブーストが必要。

頑張れ👍コーリー。

 

エルネスト・メヒア      
f:id:Patriotorca617:20210623125118j:image

ここ一番で、代打の切り札として存在感を示してくれているメヒア。

そんな使われ方にも腐る事なく、直向きにバットを振る姿。彼のチーム愛はつとに感じる所ですが、益々、チームへの忠誠心と愛が深まったのでは?


f:id:Patriotorca617:20210623125133p:image

そうそう、まだ先は長い。

最後まで諦めず食らいついて行きましょう!

今季はチャレンジャーなのだから。

外国人選手のモチベを上げて総力結集‼️

 

そして他球団選手からもエールが…。

上沢投手、全く同感です‼️

外国人選手を大事にする事は日本人選手を大事にする事に繋がると信じます。

No Side Game ではないですが、団体競技ではチームが家族になれるかどうかが大きな勝利のファクターとなると思います。

当にOne Teamになれるかどうか。

We Are ONE を標榜し、ファンとも一体となって優勝目指して一つになる埼玉西武ライオンズ

 

ライオンズファンである事を誇りに思う瞬間でした。